概要

沿革

1921年(大10)
東京慈恵会医院医学専門学校が東京慈恵会医科大学に昇格
その際に高木家私有の東京病院が寄付され「附属病院」となる
1950年(昭25)
上田英雄教授により「第一内科」が創設される
1958年(昭33)
高橋忠雄先生が主任教授に就任される
1974年(昭49)
亀田治男先生が主任教授に就任される
1991年(平3)
戸田剛太郎先生が主任教授に就任される
2000年(平12)
内科臓器別改編により、「内科学講座 消化器・肝臓内科」が設置される
2005年(平17)
田尻久雄先生が主任教授に就任される
2016年(平28)
猿田雅之先生が講座担当教授(主任教授)に就任される
 現在に至る

診療実績


 当科では、多くの関連病院や地域診療医等々から御紹介頂いており、1年を通じて4,000-5,000人の外来診療を行っております。
 また、月2,000人前後の患者が新たに入院しており、診療スタッフが日々治療を行っております。
ここにチャート表示

 右表は年別推移です。
 当科では毎年総計で外来50,000~60,000人、入院20,000~25,000人と数多くの患者を診療しております。
 2020年度はCOVID-19の流行のためにほとんどの病院・診療科において患者数は減少しておりますが、その中でも当科は45,000人を超える方の外来診療、15,000人以上の入院治療を行いました。
 2021年度においては、外来患者数は概ね2019年以前と同じく50,000人超となる見込みです。
ここにチャート表示